前へ
次へ

大学受験対策を始める時期

大学受験への対策を十分にするのであれば、高2の秋ごろから始めることをおすすめします。
少なくとも高3の4月には大学受験対策を始めておきましょう。
センター入試を利用するのであれば、主要科目5教科をすべて復習する必要がありますし、一般入試でも複数の教科の内容を身につける必要があります。
そう考えれば早めに学習を始めておくに越したことはないといえそうです。
また大学受験までまだ時間があるからと油断をせずに、普段からしっかりと授業を受けて内容を頭に入れておきましょう。
どんな試験問題を解く際にも基礎がなければ応用はできませんし、大学の問題ごとの傾向対策はもちろん、試験内容によっては小論文など学力以外の対策が必要になる場合もあります。
限られた時間を十分に費やせるよう少なくとも基礎の取得や身につけた知識の復習などは早いうちから行っておくことがおすすめです。
ただし、いきなり長時間の勉強を目標もなく始めるのはそう簡単ではありません。
ですので、英語の単語を1日10個覚える・数学の例題を1日に何問解くという風に具体的な目標を立てると受験までの長い期間知識を習得したうえで無理なく勉強を続けられます。

Page Top