前へ
次へ

大学受験で重要なセンター試験対策について

大学受験でセンター試験を利用する際に重要なのが、成績が致命的に悪い教科を作らないことです。
特にセンターの配点が高い場合は志望する大学への入学が難しくなるので、センター試験で大学受験をする場合はどの強化も満遍なく高得点を取る必要があります。
足切りに合う可能性を減らすためにもなるべく高得点を取れるよう過去問の復習や苦手分野の克服などをしておきましょう。
また国公立受験の場合二次試験として記述試験が設けられているので、必ず対策をしておきましょう。
しかし二次試験のない教科は挽回できないので最初の試験で高得点を取る必要があります。
また文章量や問題量が多く、何も対策をしなければ問題を解ききれない場合やひっかけがあるなどセンター試験も私立大学の一般入試と同様に傾向があります。
こういった傾向に合わせて過去問や模擬試験などで受験問題に慣れておくようにしましょう。
他にも問題ごとに配点時間を決めてそれに合わせて解ききれるように対策する、最後に解答欄がずれていないかなどをチェックするためにも見直しの時間を2~3分残せるようにすると余裕をもって受験できます。

Page Top